コットン・ニードルケースetc
・・・・・・・・・・・・・・・

スモールドロワー

newG9078¥32,000- H170 W315 D365 フランス 1950年代頃

  フランス糸メーカー、CARTIER BRESSON社の販売用ケース。
  引出はプラスチック素材で、真ん中の段にだけロゴ入りのシートが入っています(手前に裂け目あり)
  馬と鍵のマークがなんともおしゃれです。
newG9020¥95,000- H115 W420・1000 D360 フランス 1940年代頃

  フランス糸メーカー、CARTIER BRESSON社の販売用ケース。英語表記なのでイギリス向けに作られたものかも?
  蓋の部分はプラスチック素材のため、経年変化で縮んでおり、一部枠から外れている箇所もあります。
  コンディションは良いとは言えませんが、この形とロゴのレイアウトはやはり魅力的。
  レアアイテムです。
G8944¥58,000- H150 W325 D250 イギリス 1940年代頃

  COATS社のミシン糸販売用ケース。渋くなった真鍮の引き手と、落ち着いた色合いのロゴが良いバランス。
  天板には大きくマークが入っていたようですが、すっかり無くなっている状態です。  
G8790¥42,000- H150 W305 D230+15 イギリス 1960年代頃

  COATS社のミシン糸販売用ケース。紙張りで全面のフレーム部分が多く剥がれていますが、
  側面のマークなどは綺麗に残っています。薄いグレーに赤いプリントが良く映えて可愛げのある雰囲気。
G8063 SOLD H260 W380 D290 イギリス 1920年代頃

  縫い針の販売用ケース。通常見かけるものよりも若干小さめサイズで珍しいもの。
  中の仕切りは真ん中の段だけ残っています。
  引き出しのフレームが象嵌のように縁取られ、手の込んだ作り。
G8064¥118,000- H140 W475 D320+15 イギリス 1930年代頃

  糸用ケースの引出しタイプ。一般的なサイズと違い、横幅が狭く奥行きが少し広くなっている珍しいもの。
  丸っこい真鍮のツマミも可愛げがあります。天板の角の欠けは古い時の物らしく、断面が渋く馴染んでいます。
G8076¥158,000- H110 W405 D190  イギリス 1930年代頃

  アンカー社の刺繍糸の販売用ケース。こちらは通常のサイズです。今までも2〜3台ほど入荷しましたが、
  どれも木の仕上げや、アンカーのロゴのプリントが違っています。
  アクセサリーや腕時計のコレクションケースにもちょうど良い。
G7110¥168,000- H115 W480 D250+10  開いて H170 D510 イギリス 1930年代頃

  アンカー社の刺繍糸の販売用ケース。開いた時の迫力にテンションが上がります。
  通常のこのデザインのものよりも、一回り大きいサイズ。かなりのレアアイテムです。
  
G0057 SOLD h150 w525 d270  イギリス 1930年代頃

  ティンズでは根強い人気のコットンケース。こちらはマホガニー材の高級感のあるタイプ。
  シミが所々にみられますが、全体の色みの良さと相まって、良いあじになっています。
コットンケース  
 G4607¥36,000- h140 w305 d225+ツマミ15  イギリス 1950年代頃

 実物はもう少しクリアな水色です。裁縫箱として使われていたようで、家庭用の糸やゴムが入っています。
 合板にペイント。
ニードルケース  
 E8673¥189,000 h345 w390 d290  イギリス 1920年代頃

 縫い針の販売用ケース。細かな仕切りが付いています。 何といっても中央のサインがカッコいい。
ニードルケース
 G2072¥195,000 h425 w470 d300 イギリス 1920年代頃

 上の物と同じメーカーです。書類なども入れやすい。ガラスのサイン部分は修理した箇所があります。
コットンケース
 G4281
SOLD h450 w350d360 イギリス 1940年代頃

 裏面にもロゴが入っています。
コットンケース
 E9599¥85,000  h500 w445 d425 イギリス 1960年代頃

 糸の販売用ケース。赤白のサインが効いています。
パステルケース
 E8668¥72.000  H430 W370 D255  イギリス 1960年代頃

 画材のパステルの販売用ケース。中の仕切りは様々です。細かいものの収納に。
ニードルケース
 G0275¥150,000  h270 w560 d290 イギリス 1920年代頃

 重厚感のある作り。引出しの底には布が貼られています。両サイドのツマミでロックできる仕組み。

スモールドロワー


ホームへ戻る